オナニー鑑賞を同時に一緒にするオナニーの見せ合いに発展

 私がオナ友を作るなんて、考えてもいませんでした。
25歳の祐二さん、30歳の登四郎さん、2人の男の人と卑猥な大人の通話を繰り返していくことになりました。
通話をする度にとても熱い気持ちが込み上げてしまい、あそこからエロ汁が溢れ出してしまうんです。
自分でクリ弄りして、男の人にたっぷりされている妄想をする。
クリ責めのパートナーになってくれるかもしれない、ふたりの男の人に、オナ指示をされ、普段では見せることがない本当の私のエッチの顔を出す。
快楽と共にストレスも解消できてしまうんです。
酔いしれる陶酔を味わい続けていくと、ついセフレが欲しいという気持ちも湧き出てくるものです。

 

 相互オナニーを継続して行く中で、その時がやってきたのです。
Jメールで知り合った、登四郎さんからオナ見せの提案をされました。
「それじゃ、僕から見せるから、じっくり見て興奮してね」
そう言うとカメラを起動しました。
スマホに映し出されたのは、立派に逞しく起立した男性自身。
私の心が、燃えさかって行くのを感じてしまうのです。
指がとっても激しく、クリを刺激し始めます。
「乃々葉の濡れたオマンコ、見られたら興奮するかい?」
「は、はい…し、します…」と、素直に返事をしてしまったのです。
「一緒に、オナニー鑑賞を楽しもう」
「はい…します…」
下半身裸になっている、私の今の姿を見せてしまいました。
「とってもエッチなオマンコの形だね。綺麗だよ。たくさん濡れて光ってるよ」
登四郎さんに言われ、ぞくぞくとしました。
見られて興奮してしまう。
男の人自身も見て興奮してしまう。
その日のアクメは、今までの通話以上のものになりました。

 

 PCMAXで知り合った祐二さんとも、見せ合う関係を作って行くことになりました。
大きさも、形も違うオチンチンに、私の心は乱れまくってしまいます。
男の人がオナニーをしている姿なんて、見たことがないのですから。
こんなにエッチなものだったのか…相手の人も私のことを見て興奮してくれる。
複雑な気持ちが交差していく状態でした。
そして、これでセフレ探しは成功するという確信が、頭の片隅に立ち上がりました。

おすすめ定番サイト登録無料

クリ責めが得意な男子を探してセフレにするなら!

page top